声を潜めて働く男のアルバイトブログ

夢だったアイス屋さんも大変です

私が小さい頃、アイスクリーム屋さんのお姉さんに憧れを抱きました。

 

可愛いお店で可愛い制服を着て甘〜いアイスを売る仕事、今でも何となく羨ましく思ってしまいます。

 

実際のバイト内容としては特に難しい作業はなく、接客が好きなら楽しく働けると思います。

 

平日だと若い主婦やフリーターの方が多く、土日祝日になると10代・20代の学生が目立ちます。

 

最近のアイスクリーム屋さんは、アイスやコーン・カップの種類が増えています。お客さんの要望に応じて動くので、膨大な種類を覚える事とレジ打ちの正確さ、ケースに陳列されているアイスの場所を覚えるのも結構大変です。

 

 

他に大変と言ったら、コーンに乗せる際のアイス形成です。お客さんの目の前で落とす訳にもいきませんから、綺麗にまん丸く形を形成する様に練習しなければいけません。ケースに陳列するアイスを見たことがあると思うのですが、あのバケツの様な入れ物の中身のアイスが全てなくなるとアイスを補充しなければいけません。

 

 

この際にアイスが半生になるまで混ぜる作業があり、毎回固いアイスと格闘していたら腕が腱鞘炎になったと言う人もいます。

 

アイスが溶けない様に冷房が効いていますので、夏場でも足元から冷えて大変だと言う人もいます。確かにアイス屋さんってひんやりしていますから、冷え性の人には不向きなバイトになりそうです。

 

 

逆に冷えを感じにくい人、接客が好きな人、可愛いお店で働きたい人、甘い物が好きな人には、かなり魅力的なバイトだと思います。これから暑くなるので、アイス屋さんは人手が欲しくなります。

 

 

興味のある方は求人サイトなどでチェックしてみて下さい。アイスクリーム屋さんのバイトは決して高時給ではないですが、女性に人気のバイトであり続けていくでしょう。

 

携帯販売員のバイトって募集多いよね?

求人サイトやチラシなどで圧倒的に募集が多いのが、携帯販売員のアルバイトです。

 

私が良く行く携帯ショップでは、窓に大きくアルバイト募集の文字があります。時給1,300円〜と大っぴらに書いてあり、高時給な事をアピールしている様です。

 

アルバイトの中でも時給が高めの設定とあり、気になる人は結構いるのではないでしょうか。しかし残業アリと記載している求人内容が多いので、アルバイトなのに残業なんてしたくない!と突っぱねる人も多い様です。

 

 

主な仕事内容としては、携帯電話の販売は勿論、サービスや料金プランの変更、機種変更などの手続き、裏方でのパソコン作業、携帯の展示、お店の装飾、店内掃除などです。

 

 

携帯の基礎知識は勿論の事ながら、他社の携帯ショップの知識も必要となりますし、最近では携帯マニアのレベルで詳細を知り尽くしている人もいます。上から目線でショップ店員に説明する人もいますので、話をうまく回す事や時には耐え凌ぐ事も必要となってきます。

 

 

私の友達が携帯ショップで働いていますが、ある程度の接客は研修で身に付くし、カタログを見せながらの接客が主だから未経験者でも出来る仕事だと言っていました。しかしクレーム対応が本当に大変な事と、残業が多すぎて辞める人が多いと愚痴をこぼしていました。

 

 

だから携帯ショップのバイトは安定せず、毎回高い給料をアピールして求人募集しているのでしょう。しかし友達はかれこれ5年携帯ショップで働き、ついに正社員になりました。しかもかなりお給料が良いのと、制服が可愛くて羨ましいです。

 

 

従業員も若い子が多いしお客さんも若い子が多いので、友達も若々しいまま過ごしています。1度経験しておくと他の携帯ショップでも採用され易いので、気になる人は1度携帯ショップのアルバイトを経験しておくと良いと思います。

 

日雇いバイト体験談

日雇いバイトを今までにいくつかやってきましたが、そのほとんどが引越のバイトでした。サラリーマンにも人気のバイトのようで結構日雇いとして働いていましたよ。ですが、引越でも様々あり、個人での引越ではなく事務所の移転の引越を行ったことがあります。今までは家から家という引越がほとんどだったので、多くても4−5人で行う引越ばかりでしたが、その日は全く異なり、15人くらいで作業を行いました。某電子機器会社の事務所の移転でしたが、移動距離自体は同じ敷地内なのでそこまで遠くはなかったのですが、とにかく運ぶ量がものすごかったです。人数は15人いましたが、それでも人が足りないくらい運ぶ物が多く、とにかくデスクと棚が大量にありました。運ぶのも2人一組になってデスクや棚を運ぶのですが、一緒に組む人が力のない人だととにかく大変で、中にはあえて力を抜いているんじゃないかと思うくらいこっちに重さがかかるような人もいました。大人数で働くので、目に見えて動いていない人もいたりと、結構気になりましたが、それでも同じ給料をもらっていると思うと腹が立ちました。デスク・棚などを運び終えると、今度は資料や本などが入ったダンボールを大量に運ぶことになりました。運ぶ人とデスクなどに中に入った物を並べる人に分かれたのですが、私は運ぶ方になってしまったのでとにかく大変でした。他の人は中に入っている物を並べたり、空になったダンボールをたたむなど軽作業の人もいたりと人によって結構作業の負担が違っていました。ある程度片付いたら、最後はキレイに掃除です。ほうきや掃除機などを手渡され、事務所内を徹底的にキレイにしました。作業自体は大変でしたが、空だった部屋にデスクなどが配置され、キレイに掃除することで新たな事務所の立ち上げを行ったようで達成感は結構ありました。普通の引越よりも多くの人が動くため、連携が求められますが、指示するスタッフの人が的確だったので大きな混乱もなく終わることができました。ちなみに作業量は休憩も入れて8時間で、給料は9500円でした^^

 

 

wワーク|今の給料だけじゃ足りない方限定